top02 045-453-4567 神奈川新町
ブログ
2017/08/25

24時間テレビのドラマを観て思うこと…悩みを根本から解決する、東神奈川のあおぞら整骨院

みなさん、こんにちは!ご機嫌よろしゅうございます<m(__)m>

 

明日から日テレで24時間テレビがあるんですね。

そういえばもうそんな時期か…と思いつつ、たぶん観ないと思いますが(笑)。

 

朝、出掛ける用意をしている10分間、私はZIP!を観ているのですが、24時間テレビで過去やったドラマの特集と、今年やるドラマの番宣をやっていました。

今年は阿久悠さんをやるみたいですね。

 

ちなみに第1回目の放送は1980年、森繁久彌さんが主演だったそうで、タイトルは「磯の音」

なんと私が生まれる4年前(笑)。

そして18回目の放送が1997年「勇気ということ」主演はKinKi Kidsの堂本光一さんでした。

光一さん、若かったですね~。

 

「磯の音」はどういうドラマだったかというと、もうすぐ長寿記録となる119歳を迎える母親に長生きしてもらおうと、息子は機織りの仕事を辞めさせます。

すると、誕生日の2日前に母親は他界してしまいます。

高齢者福祉について考えさせるのが狙いのドラマだったと思うのですが、みなさんはどう思うでしょうか?

私はこのドラマのダイジェストを観て、前に勤めていた整形外科にいらしていた、あるご高齢の患者さんを思い出しました。

 

その患者さんは80代後半の女性で、主訴は腰痛と両膝の痛みでしたが、とてもお元気でいらっしゃいました。

見た目もとても若々しく、いろいろなところに遊びに出かけるのが好きで、お肉もぺろっと平らげるような方でした。

毎日リハビリに通って来てくれ、私たちスタッフや他の患者さんとお話するのも大好きで、「こんな歳の取り方できたら理想だよね」とよくスタッフ同士でも話していたものです。

 

しかし、ある時から急にぱったりと来なくなり、何か月後かにいらっしゃったと思ったらまるで別人のように変貌していました。

全然元気がなく、足腰もフラフラと力がなくなり、身体全体がとても弱ってしまっているように感じました。

しゃべった感じも軽く認知症が入ってしまっているのかなと心配になるほどで、誰の目にも何かあったのは確実…。

 

実は、しばらくいらっしゃらなかった間にこの方ととても仲の良かった他の患者さんから、ある情報を入手していました。

「〇〇さん、お嫁さんが外に全然出してくれないみたいよ」

もちろん、この話を鵜呑みにしたわけではありませんが、しかしそう考えた方が納得がいきます。

 

ドラマに出てきた母親も患者さんも、どちらも「人生の楽しみ、生きがい」を奪われてしまった。

それは生きる気力もなくなるし、元気もなくなるし、身体が急激に弱ってしまっても仕方がありません。

高齢者福祉というテーマでどちらも考えるのであれば、本人の気持ちを考えず、家族の勝手な思い込みで楽しみや生きがいを奪ってしまってはいけないと思います。

家族は良かれと思ってやったことでも、結果的にそれは本人にとっては大きなお世話、いい迷惑だった…となりかねません。

もちろん、家族の都合のみで本人の意思を尊重しない押し付けは論外です。

 

認知症は、「本当はこうしたい、でもこうしないといけない」「やりたくない、でもやらざるを得ない」のような「感情のねじれ」と、それをムリヤリ理性で抑え込んで我慢し続ける「感情の抑圧」が続いてしまい、脳が疲労を起こした結果引き起こされたりします。

 

認知症を防ぎたかったら、もしくは改善しようと思ったら、本人が心の底からやりたいと思っていることを思い切りさせてあげた方が良かったりするのです。

それが、逆に家族の負担を軽くすることにもつながるかもしれません。

現に、ある重度の認知症で寝たきりに近い状態になってしまった方が、大好きだった社交ダンスをすることで治った例もあります。

 

脳に一番良いのは「嬉しい、楽しい、大好き」です。

嬉しいこと、楽しいこと、大好きなこと、これをすることで脳は若返り、よみがえります。もちろん健康を維持することも可能になってきます。

このことを改めて再確認したドラマでした。

 

最後に、もう一つ特集をやっていたドラマ「勇気ということ」

医師役である徳光和夫さんが堂本光一さんに対し、「君はもう一生歩けない」と宣告するシーンが描かれていました。

末期がんなどの患者さんに対する余命宣告などもそうですが…こういうシーンを観たり話を聞くと、「なんで他人に自分の人生を決められなきゃならないんだ!」と怒りを覚えます。

「ヘルニア」だ、「神経痛」だ、こういった病名をつけて呪いをかけるのもそうですが、それを言われた患者さんの気持ちはどうなんだ、ということを私たち医療者は考えなくてはいけないと思います。

 

 

応援してくださる方はクリックをお願いいたします。

健康と医療ランキング

 

お退屈様でした<m(__)m>

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
あおぞら整骨院
http://aozora-osteopthy.com
住所:〒221-0043 神奈川県横浜市神奈川区
新町12-1京急新町第2ビル3階
TEL:045-453-4567
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇