ヤクルトが17日、椎間板ヘルニアで二軍調整中の川端慎吾内野手(29)が手術を行うと発表した。川端チーフトレーナーは「細かいことは決まっていないですが、なるべく早くだと思います」。真中満監督(46)は「手術を受けると報告を受けました。どっちみち今季は(復帰は)無理ですから」と明かした。

 川端は今年2月のキャンプでヘルニアを発症。そこから一進一退の状態が続いていたとはいえ、この時期での手術決断にはチーム内からは「もう少し早く(手術)すれば今季中の復帰もできたかもしれないのに…」の声が上がった。2015年の優勝時に首位打者のタイトルを獲得した川端。チームは守備面でも打撃面でも川端の穴を埋めきれず、17日現在で5位と10ゲーム差の最下位に沈んでいるだけに…。恨み節が出るのも仕方がないか。