top02 045-453-4567 神奈川新町
【もし、交通事故に遭ってしまったら…】

 

 

自転車の乱暴な運転や無灯火運転、歩きスマホによる事故が後を絶たない現代、「まさか、自分が…」という事態がいつ起きるか分かりません。
普段の生活の中で、もし交通事故に遭ってしまったら・・・。
まずは、あおぞら整骨院にご相談下さい!

 

最近は、交通事故の治療が整骨院でも受けられることが知られてきました。
今は痛くない、そんな大したことないと思っていても、数日後、1~2ヶ月後に痛みが出たり、数年後に異常がでたりする場合もあります。
自分の大事な身体です!遠慮したり、面倒くさいなどと放っておかず、早期のきちんとした治療を症状が完治するまで受けることをお勧め致します!

 

 

【交通事故の治療を受けるには】

 

面倒な手続きは特にありません。治療はすぐに受けることができます。
痛みがある場合や後から痛みが出た場合などは、すぐに「治療を受けたい」と保険会社に連絡しましょう。
治療を受ける医療機関が決まったら、再び保険会社に連絡すればOKです。

 

整骨院では、交通事故での保険(自賠責保険・任意保険)による治療が行えます。
⇒ご本人の負担額0円

 

最初に整形外科などの病院に行って診察を受けていても、整骨院に変更することは可能です。
また、医師からの許可があれば両方に通院することも可能です(但し同日に両方通院は不可)。

 

他院に通院中の方でなかなか症状が改善されない場合は、当院への転院も可能です。お気軽にご相談ください。

 

 

【よくあるご質問】

 

Q.通院費は掛かりますか?

A.相手方の保険会社から当院に直接支払われるため、通院費は0円です。

 

Q.整形外科と整骨院どちらがいいですか?

A.警察に診断書を提出する必要がありますので、まずは整形外科で診察してもらいましょう。

ただし、整形外科での治療は痛み止めの薬や湿布を出すだけで終わるところも多いようです。

当院では、マッサージなど手技による施術を中心に、電気療法なども組み合わせ、患者様お一人おひとりに合った治療をいたします。

 

Q.相手の保険会社が薦める医療機関に行かなくてはならないのでしょうか?

A.どの医療機関に掛かるかは患者様の自由です。保険会社または加害者から強制されたり制約を受けるものではありません。

患者様ご自身が治療を受けたい医療機関を指定すれば、保険会社は速やかに手続きをする義務があります。

 

Q.保険会社に整骨院での治療はダメだといわれましたが…

A.整骨院での交通事故治療は国で認められています。

保険会社は治療費や慰謝料をできるだけ払わずに済むようにしたいのが本音です。もしこのようなことを保険会社から言われましたら当院へご相談下さい!

 

Q.通院する医療機関を変更したいのですが?

A.「自宅や会社から遠いくて不便」「なかなか良くならない」など医療機関を変えたい場合、保険会社に通院したい医療機関の名称と連絡先を電話で伝えるだけで変更できます。

 

Q.症状が軽くても治療できますか?

A.症状の軽い、重いは関係なく治療は受けられます。

交通事故の場合、初め症状が軽くても後で痛みや違和感が発生する場合も多く見受けられます。

また、早期に適切な治療を受けないでいると後遺症が残る可能性も高まりますので、あまりたいしたことがないと思っても早めに受診されることをお勧めします。

 

Q.事故後、何日か経ってから症状がでてきたのですが治療を受けられますか?

A.基本的には受けられますが、交通事故後あまりに時間が経過していると交通事故との関係がはっきりしなくなってしまいますので、早めに受診されることをお勧めします。

 

Q.治療期間は?

A.3~6ヶ月間くらいが多いです。

ただし症状の経過には個人差がありますので、一概にははっきりとは申し上げられません。

 

Q.保険会社から、そろそろ治療を中止しませんかと催促されます。

A.あくまでも保険会社側の都合なので、つらい症状が残っていましたらお身体のためにも治療を続けましょう。保険会社が強制的に治療、通院を中止させることはできません。

 

Q.毎日通院していいのでしょうか?

A.毎日でも大丈夫です。症状が改善するまで治療できます。

 

Q.治療個所には制限がありますか?

A.制限はありません。

例えば自動車事故の際に多いのはむちうちなどの症状ですが、腰、膝などを同時に負傷しても全て治療を受けることができます。

 

 

【交通事故の慰謝料】

 

慰謝料は、交通事故によって被害を受けた精神的な苦痛に対して支払われます。

 

1日4,200円に<実治療日数>×2と<治療期間>の少ないほうの日数をかければ慰謝料が算定されます。
<実治療日数>・・・・実際に治療を行った日数
<治療期間>・・・・・治療開始日から治療終了日までの日数

 

≪交通事故で「頚部捻挫:10日間の加療を要する」と診断されて90日間に渡って通院治療を受けたケース≫

【ケース1】整形外科で痛み止め薬と湿布を処方されて週に1度、全12回通院された場合の慰謝料
      全90日間で12度の通院12×2=24日、90日>24日、24日が基準日数

【ケース2】整形外科に週に1度、整骨院に週に3度、全48回通院された場合の慰謝料
      全90日間で48度の通院48×2=96日、90日<96日、90日が基準日数
従って、ケース1の場合では、24日×4,200円=100,800円
    ケース2の場合では、90日×4,200円=378,000円、となります。

 

 

btn_price